読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無職のゆらぎ

音楽、映画、本、お笑い、アイドル、その他いろいろ

「パッセンジャー」は「ぼく地球」に遠く及ばない

昨日新宿で「パッセンジャー」見てきました。

20××年――新たなる居住地を目指し、5000人の乗客<パッセンジャー>を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が地球を後にした。目的地の惑星到着まで120年。冬眠装置で眠る乗客の中で、なぜか2人の男女だけが早く目覚めてしまった。90年も早く――。エンジニアのジムと作家のオーロラは絶望的状況の中でお互いに惹かれ合っていく。なんとか生きる術を見つけようとするが、予期せぬ出来事が2人の運命を狂わせていく――。

あらすじはこんな感じ 。

 

(以下イラつきすぎてネタバレしかしてません)

 

 

もともと映画館にはミニシアター、シネコン問わず行く方なのでま年末くらいから大手シネコンで流れるこの作品の予告を見ていて思ったのです。

 

あらすじが「ぼくの地球を守って」みたいだ・・・!!

 

知ってます?ぼくの地球を守って

 

ぼくの地球を守って 1 (白泉社文庫)

ぼくの地球を守って 1 (白泉社文庫)

 

 

少女マンガ雑誌「花とゆめ」で1986年から1994年にかけて連載されていたSFマンガ。私の年なら連載終了した時点で1歳です。マジで1世代上くらいの人にしかこの漫画の話をしても通じないんだけど、傑作なんですよ。

続編はタイトルを変えて今も連載されてるんじゃなかったかな・・・。その1作目がこの「ぼくの地球を守って」なんですけど。お話としてはスケールがでかすぎて簡単に説明しづらいんですけど、主人公の女子高生の同級生二人が同じ夢を見ていて、その夢に出てくる女性が主人公の女子高生とそっくりだというところから始まり、同じ夢を見る仲間が集まるにつれ主人公も同じ夢を見るようになり、その夢はどうやら前世の記憶だということに気づくわけです。前世と今世を行き来しながら話は進んで行くんですけど、この前世パートの話を「パッセンジャー」の予告を見て思い出したわけです。

「ぼく地球」の主人公たちの前世はどこか遠い惑星の住人で、地球を探査するために7人の学者たちが宇宙船に乗り込むのですが、船内で謎の疫病が広まりみんなバタバタと死んでいく。

最後に残った3人がモクレン(主人公の前世)を取り巻く三角関係で、片方の男シウがワクチンの生成に成功するも一人分しか作ることができなくて、全員にワクチンを投与したふりをして自分でも、好きな女でもなく、もう一人の男シオンに打つ。ほどなくして二人は死に、ワクチンを打たれたシオンだけが9年間船内で一人で生き続けるっていうダークすぎるお話が前世パートなんですけど。

 

話を「パッセンジャー」に戻すと、公式のあらすじや予告編では伏せられていた事実が一つ。

機器の故障で一人だけ早く目覚めたジムは、孤独に耐えきれずオーロラのポッドを壊して彼女を故意に起こしてしまったということ。ここに至るまでのジムの孤独に打ち勝てない葛藤は良かったと思います。話し相手はアンドロイドのバーテン、アーサーしかいない。そんな彼相手にジムはオーロラを起こすかどうか相談するという。ついにポットを壊してしまいオーロラが目覚めても、ジムがポットを壊したという事実を知らないオーロラはいとも簡単にジムの思い通りになりますよね。

そこからありきたりのラブロマンス映画となり、ジムの行いがアーサーが口を滑らしたことによってオーロラにバレ、最終的にはSFアクション大作らしいアクションシーン・・・ジムの罪はいつの間にかないがしろ、確かに5000人の冬眠状態の乗客を命張って助けたんだけど、それでいいのかオーロラ。前半の重厚な人間ドラマはどこへいった。

 

「吊り橋効果」ですか「ストックホルム症候群」ですか。

そうやって考えると過去に犯した罪について描いた映画だと「さよなら渓谷」は上手な余白の使い方もあって秀作だったな、と思う。

 

さよなら渓谷

さよなら渓谷

 

 

 

また話が逸れた。 

パッセンジャー」のシナリオが「ぼく地球」のシナリオに遠く及ばないと感じるのはそういった罪に対する贖罪の部分なんじゃないだろうか。

「ぼく地球」のシオンが9年の孤独を強いられたワケには、彼の犯した罪があるという背景もある。それに対する贖罪が9年間という途方も無い孤独だ。

 

outception.hateblo.jp

 

これを見るとやっぱりオリジナル版で見たかったなーと思うね。