無職のゆらぎ

音楽、映画、本、お笑い、アイドル、その他いろいろ

映画エッセイっぽい何か(2)/スウィート17モンスター(2016)

この前バイト先(映画館)の受付に立ってると学生4人組が映画を見に来た、他に時間を潰す場所もないこの辺りだからか、その4人組はずっとロビーでおしゃべりしながら時間を潰していたのだが、話を聞いているとどうやら映像系の大学生っぽい。

「アメリって世間的な評価ちょうどいいよね~」「お前らクーリンチェ見てないのに台北トーリー見るとかダメだから!」

…ああ、むず痒い。こういう単館系映画好きが高校生くらいまで一人で映画見続けてきて、そういう学部の大学に入って仲間ができた典型!はいこれ常識!4人組の1人がひたすら映画について喋り続ける凄惨な光景だった。

 

嘲笑と微笑ましさ半分くらいの気持ちで私は半ニヤケだったらしく、一緒に働いてる人に「顔ニヤケてるよ」と指摘された。「いや、ああいうの本当に大学入ったばっかりの時とかによくいますよね」と私の捻じ曲がった性格の悪さを露呈する発言を繰り返してると「ネイディーンだ」と言われた。

 

ネイディーンとは「スウィート17モンスター」に出てくるヘイリー・スタインフェルド演じる主人公のことだ。ネイディーンは幼少期から優秀な兄に比べられ続け、学校ではいじめを受けていたのだが、唯一の友達クリスタに救われる。それ以来クリスタだけが自分のことを理解してくれるただ一人の友達だったのだが、17歳のある日クリスタが大っ嫌いな兄貴と付き合い始める。ひねくれにひねくれた17歳のネイディーンを描く今年ベスト級の青春映画である。

 

イタい青春を描く映画はたくさんあるが、この作品はとびっきりの爽やかな仕上がりになってる。ポップな色使いも、音楽の心地良さも、アメリカの広瀬すずなんて呼ばれてるらしいヘイリーちゃんのフレッシュさも見所だ(彼女はジョンカーニーの「はじまりのうた」でマークラファロの娘を演じていたあの子でもある。)

 

私は映像系の専門学校に通っていたが、本当に周りは映画を見てる人間が少なかった。シネコンでかかる大作ならまだしも単館系に詳しい同級生なんかまずいない。映像系の職につこうとしてるのに映画見ないとか周りは頭がおかしい、とさえ思っていた。週1でキネ旬によく評論が乗ってるような映画評論家の方が「この最新映画は見た方がいいぞ!」って言い続けるだけの授業があったのだが、その先生が一通り話し終わった後「この映画見た人」ってよく生徒に手を上げさせていた。しかし手を上げ続けるのが私しかいなくて「どうだった?」「すごく面白かったです」と大教室で謎の1対1の会話になることがしばしばあった。

 

就職(テレビAD)してからも周りにはいない。先輩には少し映画好きがいたがシネコン止まり、一番フラットに映画の話ができたのはチーフプロデューサー(番組で一番偉い人)という環境。ちなみに仕事を辞める際に挨拶に行った際もなぜか最終的にララランドの話を10分くらいした。

 

私も正直4人組の彼らが羨ましかったのだろうか。

本当は友達が欲しくて欲しくてたまらなかったのに、つっぱりまくるネイディーンのように。

いや、違うな。それはない。4人組の話まくってる男の子が同級生だったら間違いなく「黙れ!」ってはっ倒してる。

 

17歳のあの時も、今も、間違いなく私はネイディーンだと思う。

 

 

 

f:id:ryoxxx99:20170727144159j:plain

 

スウィート17モンスター(2016)/アメリカ/監督:ケリー・フレモン/出演:ヘイリー・スタインフェルドウディ・ハレルソン